『かえるのうた』 でお試し♪2013年08月04日 12:35

今までに MusixTeX を動かして、ドレミを書いていく方法を確認したので、簡単な楽譜づくりにチャレンジ。 かえるのうた を入力してみることにします。

今回やりたいことは、
子供用の楽譜を作りたい。 できるだけシンプルに、簡単なものが書ければ良い。
ということで、

  • 読みやすい大きなレイアウトで書きたい。
  • ページ番号はとりあえず不要
  • 左端の縦線は不要
  • 縦線のところに小節番号は不要
を目標にします。

まず、デフォルトの楽譜サイズはかなり小さいので、大きくしてみます。
コマンドは、"\Largemusicsize"
これを本文の前に入れます。

さらに「ページスタイル無」を指定すればページ番号が消せます。
コマンドは、"\thispagestyle{empty}"

「小節番号を消す場合」は、同じく "\nobarnumbers" を使います。
ここまでは、どれも本文前に書くことになってます。

次に、「左端の線を付けない」は、本文内で、"\nostartrule"

以上の技を使って、とりあえず 2 小節だけ書いてみました。

---
\documentclass{article}
\usepackage{musixtex} % musixtex を使う宣言

\thispagestyle{empty} % ページスタイルなし (ページ番号などを付けない)
\nobarnumbers % 小節番号 (縦線のところの番号) を付けない
\Largemusicsize % 全体を拡大する

\begin{document} % ここから本文

\nostartrule % 左端の線を付けない
\generalmeter{{\meterfrac{{4}{4}}} % 4分の4拍子 と書く
\startpiece % 音符の記述開始
\notes\zsong{か}\qu c\en %notes=音符, zsong{}=歌詞, qu=4分音符に上向き線
\notes\zsong{え}\qu d\en
\notes\zsong{る}\qu e\en
\notes\zsong{の}\qu f\en
\bar % 2 小節目が始まる
\notes\zsong{う}\qu e\en
\notes\zsong{た}\qu d\en
\notes\zsong{が}\hu c\en
\endpiece % 音符の記述終了

\end{document} %本文終了
---

書き忘れましたが、歌詞は音符と一緒に \zsong{歌詞} で指定すれば良いようで、上の記述でも使ってます。

音符の間隔は \notes を書くときの大文字と小文字の数で調整できます。
"\notes" の記述を、小文字から大文字に変更していくと、 \notes < \Notes < \NOtes < \NOTes < \NOTEs の順にスペースが広くなります。
でも、全部大文字の \NOTES はないんですね...

最大の\NOTEs を使ってみると、...
かえるのうたを書き始めてみた
ありゃりゃ。スペース広すぎて途中で改行されてしまいました。
\NOTes にしたら、少し余るようになりました。

音符の間隔を少し狭くした。

スペースを調整して、ようやく一行
もし音符を変えずにスペースだけを取りたければ、\sk や \off{1.5\noteskip} といったコマンドを使います。
先ほど記述でさらに音符の間隔を狭めて (\NOtes に変更) 、末尾の \endpiece の前に空白 \off{0.9\noteskip} を入れると、記述終了の縦線がちょうどぴったりの位置に なってくれました。
さらに少し狭くした。ぴったり!
でも、ちょっと面倒ですね。
行末の位置を合わせるのって、必ずこうやって微調整しないといけないものなのかしら?
何か良い方法を知っている方、教えてください。