Eclipse で Python を使うための準備 (2)2015年03月24日 00:42

Eclipse で Python を使うための準備の続きです。

(4) matplotlib (matplotlib-1.2.0.win32-py2.7) のインストール
注意: バージョン 1.3.1 以降はグラフの出力フォーマットが減らされているので、必ず 1.2.0 を使う。
matplotlib-1.2.0.win32-py2.7.exe をインストール

matplotlib のウェブサイト
http://matplotlib.org/

ダウンロードサイトは、
http://sourceforge.net/projects/matplotlib/files/matplotlib/

* グラフのサンプルをギャラリーで見れるので、どんなグラフ例があるか
一度見ておくと良い。
http://matplotlib.org/gallery.html

(5) matplotlib を使うために必要なパッケージ類の準備

グラフを書くために必要なパッケージ類は、
http://www.lfd.uci.edu/~gohlke/pythonlibs/

ここから、matplotlib に必須の 4 つの追加モジュールを選んでインストールする。
dateutil: python-dateutil-2.2.win32-py2.7.exe
pytz: pytz-2014.4.win32-py2.7.exe
pyparsing: pyparsing-2.0.2.win32-py2.7.exe
six: six-1.7.3.win32-py2.7.exe

(6) グラフを emf 形式の図に保存するための準備

emf 出力を使うと、
pyemf をインストールせよ、とのメッセージが表示されたので、pyemf-2.0.0.tar.gz
をインストールする。

ダウンロードサイト
http://pyemf.sf.net

解凍したディレクトリで、コマンド実行
コマンドは python setup.py install だったかな。
背景に地図を描くためのモジュール basemap
basemap-1.0.7.win32-py2.7.exe をインストール。

こんな風にマップが書けるらしい。
http://matplotlib.org/basemap/users/geography.html

色々試しておいた方が良さそう。

Python で emf って...2015年03月23日 23:24

ねえ、python で、emf って、不要なの !?
なぜそのようなことを言うのかと言いますと。

先日、わたし、新しいマシンに python の環境を整備しました。

python, numpy, scipy, matplotlib まで入れて、いざグラフ作成。

ところが !!

何度やっても emf ファイルが作れません。
matplotlib を使って作成したグラフが emf 形式に保存できなくなってしまったんです。

なぜ!?
なぜ!?

そして色々調べた結果、分かったこと。

matplotlib-1.3.1 のドキュメントに "変更点" の説明がありました。
こう書かれていたのです。
「機能の整理をして、emf 出力機能はこのバージョンから削除された」
何ですって...

そんなのあり!?

衝撃的すぎる...

だって、だって、... 使うでしょ。

皆さん、グラフとか作ったとき、どうやってワードなんかに貼りつけたりしているんでしょうか?

そりゃあ。
LaTeX とかで美しく文書を作れれば。
それはそれで良いですよね。


理想です。

でも現実は、目の前にあるのはワードです。
ワードに図を貼らなきゃ、仕事になりません。
ああ、みなさんはどうやってワードに貼っているんですか?

ビットマップ式の形式で貼るのか。
少なくともベクター形式にはしたいよ、やっぱり。

でも eps や ps だと情報が欠落するのか、相性が悪いのか、バグがあるのか、うまく行かない。
PDF はそもそもワード側で貼りつけることを想定してないし...

そんなこんなで、ひよぴよは今まで emf 形式を使って何とか頑張ってたんだけど、
♪♪ 私たち~これ~から~ どうして行くの~?♪♪ (スミマセン汗)

...

仕方ないのでひとまず、matplotlib-1.3.1 をアンインストールして 1.2.0 を入れなおしました。

ここに書いても仕方ないけど、どうか開発者のみなさま、この機能の復活を心からお願いします~。

Eclipse で Python を使うための準備 (1)2015年03月23日 23:15

今日は Eclipse で Python を使うための準備をしてみます。

(1) プラグインを追加する

PyDev というプラグインを使うのがメジャーな方法みたいです。
これを使うことにします。

まず、Eclipse のメニューバーの Help から、Install New Software を選択。

Work with: のところに "http://pydev.org/updates" と入れて add... を押し、
適当に名前を入力して (PyDevとか) OK する

しばらくして PyDev と表示されるのでチェックボックスをオンにして
先に進んでいくとインストールが実行される。

証明書を信頼するか聞かれるのでOKして最後に Eclipse を再起動する。

(2) プラグインを使用するように設定する
先ほどインストールしたプラグインを使用するようにします。
パスの変更と Java による通信の許可が聞かれるので OK する。
右上のパースペクティブに PyDev が表示されるので選択する。
これで PyDev プラグインが使用できるようになった。

(3) PyDev を使用するときの設定を変更する
これは自動でできているようだけど、一応確認します。 メニューの Window -> Preferences を選択する。

左側のツリーから、 PyDev - Interpreters - Python Interpreter を選択する。

最新の python.exe がインタープリタとして指定されていれば良い。
そうでなければ、追加する。

それでは、
python ファイルを開いて実行。

っと思ったら matplotlib が dateutil を使用する、とのインポートエラー。
あらら。

Eclipse をインストール2014年08月22日 00:38

ひよぴよの仕事パソコンはウィンドウズです。
かの有名な XP を使っていたのだけど、世間の騒ぎに乗って、数か月前に慌てて買い替えました。
ホントーはステキな Mac が欲しいんだけどなあ。

実は、ひよぴよはプログラム開発のほとんどを Visual Studio なるマイクロソフトの環境上で行っているのです。
そうなると、長年の蓄積のある環境の移行が大問題となるのです。

というわけで、今日は Mac への移行という壮大な目標への第一歩として
まずは、Mac を想定した開発環境を探し、試すこととしました。
まず選択したのは、"eclipse" です。
本家ホームページは、https://www.eclipse.org/


Eclipse IDE for Java EE Developers をダウンロードすれば必要なライブラリ等は大体入っているみたいです。

zip 形式 なのでインストールディレクトリに自分で解凍しました。

インストール先は、空白文字を含まないパスとして、 C:\user\local\eclipse4.4\eclipse にしました。

また、日本語化のモジュールを使うとメニューが日本語にできるみたいですが省略します。


次に、使用する Java を変更します。
「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」→「Java」→「Installed JRE(インストール済みのJRE)」 で、JRE になっているときは JDK に変更する


ようやくインストール作業は終わりです。
eclipse を導入したので、この環境上で、R や python が使えます。
少し設定作業が必要ですが。
それはまた今度書きます。

『かえるのうた』 でお試し♪2013年08月04日 12:35

今までに MusixTeX を動かして、ドレミを書いていく方法を確認したので、簡単な楽譜づくりにチャレンジ。 かえるのうた を入力してみることにします。

今回やりたいことは、
子供用の楽譜を作りたい。 できるだけシンプルに、簡単なものが書ければ良い。
ということで、

  • 読みやすい大きなレイアウトで書きたい。
  • ページ番号はとりあえず不要
  • 左端の縦線は不要
  • 縦線のところに小節番号は不要
を目標にします。

まず、デフォルトの楽譜サイズはかなり小さいので、大きくしてみます。
コマンドは、"\Largemusicsize"
これを本文の前に入れます。

さらに「ページスタイル無」を指定すればページ番号が消せます。
コマンドは、"\thispagestyle{empty}"

「小節番号を消す場合」は、同じく "\nobarnumbers" を使います。
ここまでは、どれも本文前に書くことになってます。

次に、「左端の線を付けない」は、本文内で、"\nostartrule"

以上の技を使って、とりあえず 2 小節だけ書いてみました。

---
\documentclass{article}
\usepackage{musixtex} % musixtex を使う宣言

\thispagestyle{empty} % ページスタイルなし (ページ番号などを付けない)
\nobarnumbers % 小節番号 (縦線のところの番号) を付けない
\Largemusicsize % 全体を拡大する

\begin{document} % ここから本文

\nostartrule % 左端の線を付けない
\generalmeter{{\meterfrac{{4}{4}}} % 4分の4拍子 と書く
\startpiece % 音符の記述開始
\notes\zsong{か}\qu c\en %notes=音符, zsong{}=歌詞, qu=4分音符に上向き線
\notes\zsong{え}\qu d\en
\notes\zsong{る}\qu e\en
\notes\zsong{の}\qu f\en
\bar % 2 小節目が始まる
\notes\zsong{う}\qu e\en
\notes\zsong{た}\qu d\en
\notes\zsong{が}\hu c\en
\endpiece % 音符の記述終了

\end{document} %本文終了
---

書き忘れましたが、歌詞は音符と一緒に \zsong{歌詞} で指定すれば良いようで、上の記述でも使ってます。

音符の間隔は \notes を書くときの大文字と小文字の数で調整できます。
"\notes" の記述を、小文字から大文字に変更していくと、 \notes < \Notes < \NOtes < \NOTes < \NOTEs の順にスペースが広くなります。
でも、全部大文字の \NOTES はないんですね...

最大の\NOTEs を使ってみると、...
かえるのうたを書き始めてみた
ありゃりゃ。スペース広すぎて途中で改行されてしまいました。
\NOTes にしたら、少し余るようになりました。

音符の間隔を少し狭くした。

スペースを調整して、ようやく一行
もし音符を変えずにスペースだけを取りたければ、\sk や \off{1.5\noteskip} といったコマンドを使います。
先ほど記述でさらに音符の間隔を狭めて (\NOtes に変更) 、末尾の \endpiece の前に空白 \off{0.9\noteskip} を入れると、記述終了の縦線がちょうどぴったりの位置に なってくれました。
さらに少し狭くした。ぴったり!
でも、ちょっと面倒ですね。
行末の位置を合わせるのって、必ずこうやって微調整しないといけないものなのかしら?
何か良い方法を知っている方、教えてください。

楽譜に初挑戦 ♪ の続き2013年06月19日 15:44

MusixTeX でドレミを書いてみる

前回、楽譜の tex ファイルを作成してタイプセットすると楽譜が生成されるのを確かめた。
そうなると、今度は音符をどうやって表現するのかが気になるところ。

これは音符です
「ここから音符の記述が始まります」という宣言は、"\startpiece" になります。
これに対応して、終わるところには "\endpiece" を書きます。

次に、その間に音符を書くことになりますが、「これは音符です」という宣言は、
"\notes ... \en" となります。
そして、その間の "..." のところに音程や音の長さを表わす記述をしていきます。

音程の表現
音程は、ドレミを c, d, e, ... で表現します。
表記は、

ラ → "a"
シ → "b"
ド → "c"
レ → "d"
ミ → "e"
ファ → "f"
ソ → "g"
ラ → "h"
シ → "i"
ド → "j"
レ → "k"
ミ → "l"
ファ → "m"
ソ → "n"
  :
これは z まで続きます。


↓ この音に対応しています。
abc... を楽譜にしたところ

ここまで書いたのは、ピアノで言えば真ん中あたりから右側の音になります。
低音側は、a より 2 オクターブ低いラから順にラシド... を A, B, C で表現することが
できて、さらにAより 1 オクターブ低いラから順にラシド...を {'A}, {'B}, {'C} で
表現できます。


↓ この音に対応。
ABC... を楽譜にしたところ

普通はオクターブ記号やヘ音記号を使うので、あまり出番がない文字も多いですね。
次にこれを使って音符にするには、音の長さを表す記述と一緒に先ほどの "\notes ... \en"
の中に書き込みます。 仮に全音符を使ってラ(a) の音を表現しようとすると、
"\notes\zw a\en" と書くことになります。

楽譜に初挑戦♪2013年06月11日 00:58

初めての楽譜 by MusixTeX

先月 LaTeX をインストールして、LaTeX を使った必要な文書作成はひととおり済んだので、
いよいよやってみたかった楽譜書きに挑戦。
といってもやりたいことは、簡単で、シンプルな子供用の楽譜を自分で書いてみたい、という程度。

インストールした TeX のフォルダを見ると、bin の中に各種実行ファイルが。
musixtex.exe というのもある。
どこかのウェブページで見かけたように、必要なツールは LaTeX と一緒にインストール済みのようだ。

というわけでさっそくお試し。


まずは、すごーくシンプルな楽譜を作って、ちゃんと動くかどうか試してみます~。

---- 今回使用した tex ファイル ----
\documentclass{article}
\usepackage{musixtex} % musixtex を使う宣言

\begin{document} % ここから本文

\generalmeter{{\meterC}} % 記号 C (4分の4拍子記号) を書く

\startpiece % 音符の記述開始
\notes\qu c\en %notes=音符, qu=4分上向き線, abc...=音の高さ
\notes\qu d\en
\notes\qu e\en
\notes\qu f\en
\notes\qu e\en
\notes\qu d\en
\notes\qu c\en
\endpiece % 音符の記述終了

\end{document} %本文終了
---- ここまで tex ファイル ----


入力を終わったところ

TeXworks でタイプセットボタン (一番左の緑ボタン) をクリックしてみると...

タイプセットしてできた楽譜
できました~♪

今日の焦った話2013年05月22日 23:06

たいした話でなくて恐縮ですが、ひよぴよの焦った話です。
最後に反省がてら、ちょっとヒューマンエラー分析入れてみました。


新しい古い PC
職場の PC は未だに Windows XP を使っている。
XP って、もうすぐサポートも切れるんだよね~。知ってます?
このマシンは 1 年前に購入したのだけど、旧マシンの HDD の中身を丸ごと引き継いでいるのです。

パーティション割まで引き継いだものだから、大容量 HDD のくせに、それぞれのドライブはすごく小さい。
C ドライブなんてずっと前から空きが 1GB を下回っているし、ソフトは D ドライブにインストールしたり、テンポラリファイル専用の E ドライブも満タンで、やりくりもそろそろ限界。

というわけで まずは HDD 後方の未割り当て領域に、データの入った D ドライブやら仮置き場の E ドライブやらを引っ越しすることにした。
ついでに暑くなる前に、とデータ領域をバッチリ、バックアップ。
(暑くなると、ほんとにハードディスクとか壊れますよ~。要注意)

D, E ドライブの引っ越しも無事終えて広々。
よし完璧。


さーて、...
空いた領域を解放して眺めていたひよぴよは思い立ちました。
そうだ、ついでに、今、未割り当ての領域を使って C ドライブの拡張もやっちゃおうかな。
XP の機能ではパーティションの拡張はできないけど、以前、何かソフトを使ったことがあるような気がする。

...と探すと、遥か昔の遺物、たぶん外付けHDDの付属だったであろう Acronis PartitionExpert なるプログラム発見。
これって、いつのだろう?
確かとても簡単にできたはず。

Acronis PartitionExpert LE 2003 ...
空いたスペースを C ドライブに割り当てると 80GB → 232GB になるはずです。
それなら空き領域の不足も一気に解決するじゃん!

というわけで、その、昔使ったと思われる Acronis PartitionExpert を起動して、ドライブや領域を指定して、Commit!
...マシンを再起動して、実行するらしい。

再起動のあと、何やらひとつひとつ、ゆっくりと項目が進行していく。
(項目名が表示されないので動作の中身は掴めず)
見ていると、10分くらい経ったところで

--
Acronis PartitionExpert:
    ...
--

と表示されて動作が停止。
HDD の音も、何だか聞こえるような、聞こえないような...
PC のケース開けてないのでよく分かんないのだけど...
ケースには HDD のアクセス状態を示すランプが付いてなく、これまた状況が読めない。

仕方なく、昼休みをまたいで 2 時間ほど待ってみたけど、" ... " のまま、ピリオドのひとつだって増えてない。
完全に何も進展しなくなった。

その時、はっと気づくひよぴよ。
「C ドライブのバックアップとってないじゃん...!!」
最初に作業したデータ領域ばかり気にして、後から思いついたシステム領域のバックアップには全然思い至らず。

ま、どうせ XP のサポートもうすぐ終わるし。
ま、新しいマシンの HDD 使えばいいし....
とはいえ...... 面倒だよねー。
... どよょ~ん ...


ウェブで (もちろん別の PC から) 色々調べてみると同じ状況で HDD のアクセスランプが付いていないで 1 時間待った方がいるようだ。

あー。
ディスクアクセスしてないんだ、やっぱり...
(それでもまだケース開けて確認するのが面倒なひよぴよ...)
PC に耳をあててみるものの、アクセス音は聞こえないような。

ついに観念してスイッチを長押し(パソコンを強制終了)、少し待ってもう一度押し(起動)。

ドキドキ、どきどき、ドキドキ...

食い入るように画面を見ながら待っていると ... しばらくして無事 XP が起動してくれました。
ありがたかった~。

その後
しばらくして、デバイスの設定をしたので再起動するようメッセージが出てきて、これに従ってもう一度再起動。
そして、ディスクの構成を確認してみると。
ちゃーんと 232GB として正常なパーティションに変更されていました。

なんだ。
うまくいってるじゃん...
あの 2 時間は何だったんだろう...
あの手に汗握る瞬間は何だったんだろう...

なぜこんなことが起きたか (反省)
本日のヒューマンエラーを分析してみます。
[1] 当初、データ領域 (D と E) を広くしようと思った。そこが開けばいずれは C が拡張できるけど、それはまた今度、そのうちと考えていた。
[2] 案外早く D と E の作業が終わった。
[3] 簡単だから C もやってしまえと思いついた。(早く片付けたくなった)
[4] そのまま C のバックアップを忘れたまま拡張作業に入った。

原因は、思いついたことへの 「気を取られ」 と 、早く片付けたいための 「焦り」 といったところでしょうか。
何事も、予定を変更したときは、一旦立ち止まって考えることが必要ですね。


というわけで、よいこの皆さんは必ず、パーティションいじる前にはちゃんとバックアップをとったか、もう一度立ち止まって確認しましょうね。

今日は無駄にドキドキ疲れのひよぴよでした。

途中で見つけた良い方法2013年05月17日 22:49

色々悩んで試してるうちに、今週は LaTeX ウィークになってしまった。
昨日、パワポに TeX で作った数式を貼る方法にようやく到達したので 今日は途中の寄り道で見つけたものについて書いて LaTeX ウィークを締めくくろう。


LaTeXBox2e
http://d.hatena.ne.jp/torasenriwohashiru/20101117/1289923814

LaTeXBox2e というものに出会った。
TeXの数式、図式をパワポに貼りつけることができると紹介されている。
さっそくダウンロードしてお試し。
古い LaTeX では color のパッケージが見つからないとのエラーがでたのでその読み込みを外して使用した。新しい LaTeX では問題なし。

使ってみての感想は...

LaTeXBox2eで数式を作ったところ

あ~、そうか。パワポのアドインなんだ。(と、使ってみてようやく気づくひよぴよ...)
ということは違うマシンに持っていくと使えなくなってしまうの?
フォントも専用のものがインストールされたようで。

LaTeXBox2eで用いられているフォント


説明にはフォントの埋め込みが可能と書いてあるけど、ファイルを持っていった先でも見れるのかしら?

メニューには画像への変換があり、PNG, BMP, EMF に対応しているのでお試し。

まずは期待の EMF。変換には成功。だけど illustrator にコピペするにはフォントがなくて無理。
フォントのアウトライン化までしてくれると嬉しいんだけどな。
お次は PNG と BMP。こちらもキレイに変換できたけど、贅沢いわせてもらうと背景色が透明だったら良かったな。
それと、なぜか残る下方の余白が謎。
背景色が透明でないので余計に気になってしまう。
これはどうしたら良いの?

これで、フォントをアウトライン化して貼り付けられる方法があったらひよぴよ的には最高なんだけど、惜しいなぁ。


ついに見つけた!数式のアウトライン化。
http://handasse.blogspot.com/2008/03/texepsjpeg.html

お次は、TeXの数式を簡単にEPSやJPEGなどの画像データに変換する方法よ。ついに見つけた。

1) platex eq.tex として dvi ファイルを作成する。
2) dvips で eps ファイルに変換する。そのときのコマンドは、例えば dvips -E -Ppdf -x 5000 eq.dvi -o eq.eps
3) eps ファイルをアウトライン化する。そのときのコマンドは、例えば
gswin32c -dSAFER -q -dBATCH -dNOPAUSE -sDEVICE=epswrite -dEPSCrop -r9600 -sOutputFile=eq2.eps eq.eps

ためしにやってみると...

フォントがアウトライン化されたepsファイル

フォントがアウトライン化されているからイラレでもちゃんと開ける。 文字を拡大しても、... キレイ!!


ちなみに gswin32c は、windows で使える ghostscript のこと。
いろんなオプションが付いているけれど、

-dSAFER は、deletefile などの不安全なコマンドを使えないようにして入出力を標準入出力に限定するオプション。
ライブラリやフォントもパスで指定してないと読み込めないらしい。
-q は、標準出力にエラーメッセージなどを出さないようにする。(ファイルデータもメッセージも標準出力に出すとごっちゃになってしまうから。)
-dBATCH は、対話モードでなく、バッチファイル等で起動するときに終わったらそのまま終了させるオプション。
-dNOPAUSE は、途中でユーザの入力を待たないオプションで上の -dBATCH とこの -dNOPAUSE は良くセットで使われる。
-sDEVICE は、出力の方法。通常プリンタを指定するが、pde ファイルに出力するなら pdfwrite, eps なら epswrite, jpeg なら jpeg とすればよい。
-dEPSCrop は、バウンディングボックス、つまりオブジェクトのある範囲を抜き出すオプション。
-r9600 は、解像度の指定で、9600dpi x 9600dpi とすることを意味している。
そして -sOutputfile は出力先のファイル名。

つまり、ghostscript を使ってフォントの eps から アウトライン化した eps に変換するらしい。

Linux なら、"eps2eps eq.eps eq2.eps" を使うみたいね。

これならフォントがなくても、持って行った先のパソコンで間違いなくキレイに表示してくれる。
コマンドも手で打つと面倒だけどバッチファイルを作れば簡単ね。 これがひよぴよの求めていたものだわ。

ようやくできた
結局、最初に思い描いたことを実現するのに月曜から金曜を使ってしまいました。
本当は、さっさと終わらせて楽しく楽譜作ったりしたかったんだけど。
でも、ここに書いたので次は迷わないと思います。
もっと良い方法、簡単で便利で、違うパソコンに持って行っても確実に見れる数式の貼り方を知っている方がいましたらコメントを頂けると嬉しいです。

楽譜の書き方はまたの機会にして、今回のネタはこれにて一件落着~。

あー、まだ宵の口、金曜夜はビール飲みながら韓国ドラマでも見よっと。

今日こそ貼るぞ2013年05月16日 22:19

4日目の今日は、いよいよ「パワポに貼りつける画像を採取!」を目指してもうひと踏ん張り。
ベクター画像で採るか、ビットマップで採るか...
というか、選べる状況じゃないよな。
どちらでも良いから、早く採れるようにならねば。


最初は昨日失敗した dvi → eps の変換に再度挑戦
昨日使ってみた TeXworks、タイプセットした後のフォルダには ".dvi" と ".pdf" のファイルが出来ていた。
そこで、再度 dvi から eps への変換に挑戦。
---
D:\Home\Hiyopiyo\TeX>dvips -E -Ppdf test.dvi -o test.eps
---
と打ち込むと、今度は eps ファイルができた。
できあがったファイル、ちゃんと GSview で見ることもできる。
残念なのは、せっかくの eps なのに illustrator ではエラーがでてうまく開けない。
フォントが見つからないんですって...
パワポにも貼りつけてみたけど、やっぱり文字化け。


dvi ファイルを dviout で開いてみようか
フォントの設定は難しそうなので、急ぐひよぴよはファイルを dviout.exe で開くことにする。
こうなったら、ベクター形式じゃなくったって、別に良いさ...
画面のスナップショットを取ればビットマップ画像になるし... (投げやり?)

ところが... 今度はフォントが見つかりませんよ、とエラー発生。
日本語は表示されたのに、数式の方が表示されないなんて!?
もう勘弁して欲しい... (涙)

そこで dviout のメニューで Option の Setup parameters を開いて、Font タブの TEXROOT を良ーくみるとなんか変。
セミコロンやバックスラッシュ(¥) が抜けていてちゃんとフォントのフォルダに設定されていないのだ。
たった今インストールしたばかりなのに何故?
不思議に思いつつも、テキストエディタにコピーして一字一句確認して修正。
ついでに Resolution タブに移動して dpi を 1200 に設定。
ちゃんと Save ボタンを押してもう一度トライ。

設定が正しく直せたようで、フォントが生成されて dviout で表示された。長かった~。

dviout で表示できた

画面のスナップショットを採って数式を切り出してみると、さすが 1200dpi 。結構キレイ。
パワポに貼って 60% の大きさに調整したらサイズもぴったりで ♡
ギザギザ感も少なくエッジもクリアな良い感じにできました。

ふぅ~...。
ようやく数式をパワポに貼れてひとまず安堵のひよぴよでした。
そろそろビール飲みながら韓国ドラマが見たいな...